PAGE TOP

2019.06.28

スタイリングについて

くせ毛ドライヤーで朝起きたら大爆発!?収まり良い乾かし方とは?

夜寝る前にきちんと乾かしたくせ毛もドライヤーの当て方が悪かったのか、

朝起きたら大爆発。

そんなくせ毛をなるべく収まり良く乾かす方法を紹介していきますね!

⇓⇓こちらもおすすめ⇓⇓

くせ毛セットの仕方の要注意点とは?明日からすぐ使えるテクニック!

くせ毛のワックスはこう選ぶ!!使い方まで一挙公開!!

くせ毛ヘアケア総集編!くせ毛をまとめやすくする方法を一挙に公開!!

くせ毛ドライヤーの正しい使い方とは?

くせ毛の人のドライヤーの使い方とは?

あまりくせ毛もない普通毛の方からすれば意識すべきポイントが

少なく、くせ毛さんの悩みとは少し違ったところにあります。

 

普通毛のひとがおおよそ意識していることは

 

きちんと乾かしきらなければ!

 

といった事ぐらいだと思います。

くせ毛のひとはそのドライヤーを使い乾かすといった事に

綺麗に収まるように乾かすのに意識すべきポイントが多数存在します。

 

この項目ではそんなくせ毛をなるべく綺麗に収める為の

ドライヤーの使い方を詳しく紹介していきますね!

 

くせ毛必見のドライヤーの正しい使い方5つのポイント!

まずくせ毛を収まり良く乾かすのに大切なポイントから紹介していきますね!

  • 乾かす前にベース剤(洗い流さないトリートメント)をつける
  • 根元から毛先に向かって乾かしていく
  • 髪をしっかり左右に振りながら乾かしていく
  • 乾ききるタイミングで髪の毛を指でかるく引っ張りながら乾かす
  • きちんと乾かし残しの無いように乾かしきる

といったところでしょうか?

朝起きたら大爆発という点においては番外編ですが、

緩めのゴムやシュシュなどで髪が乱れないように

かるくまとめて寝るようにしたり

渡辺直美さんが使用して話題になった

シルクのナイトキャップをかぶることもいいでしょう!

そして本題に戻りますが、

 

  • 乾かす前にベース剤(洗い流さないトリートメント)をつける

こちらに関していえば一度綺麗にしたくせ毛がなぜ元の状態に戻ってしまうのか?

という理由に起因するのですが

答えからいえばくせ毛はもともと水分量が少なく

乾燥していることが理由としてあげられます。

 

乾燥している髪の毛は外部からの湿気に弱く

綺麗にした髪の毛ももとのくせ毛の状態に戻ってしまいやすい毛質なのです。

 

なので、髪の毛を乾燥から簡易的に守るためにも、

ベース剤を使い髪の毛に保護膜を張ってあげることが、

くせ毛を綺麗に収めやすくするポイントの1つ目です。

 

  • 根元から毛先に向かって乾かしていく

こちらは髪の毛のキューティクルの問題ですね!

髪の毛を適当にざっくりと乾かしてしまうと、

髪の表面に髪の毛を守る鱗のような役割を果たしている

 

キューティクルがバッサバサに乾いてしまい

本来の髪の毛を外からの刺激から守る役割を果たせないどころか、

 

さらなる乾燥を招く原因となったり、

 

キューティクルがきちんと整って乾かない

髪が毛羽立って見えパサついた質感に仕上がってしまうのです。

なのでくせ毛さんは特にその根元から毛先に向かって

ドライヤーの風を当てて、キューティクルの向きも意識をしてあげれば

より収まりの良い綺麗な仕上がりに近づくことでしょう!

 

  • 髪をしっかり左右に振りながら乾かしていく

髪を左右に振りながら乾かしていくのは、

くせ毛の強い方にはそこまでの効果は見込めませんが、

ある程度までのくせ毛の強さの方ならこの方法

くせ毛を収まり良く乾かす事ができるでしょう!

しっかりと左右に振りながら乾かすことで

髪の毛に遠心力がかかりくせ毛が伸びながら乾いていってくれるのです。

乾く瞬間に髪の毛は形が決まるので、しっかりと①振りながら②乾かす

 

この2つが非常に大事なのです。

 

そして左右に、とありますが、こちらも意識をする事で根元の生えグセもある程度

収まり良く乾かす事が可能となるので騙されたと思って是非試してみてください!

 

  • 乾ききるタイミングで髪の毛を指でかるく引っ張りながら乾かす

先ほどもお伝えしましたが、髪の毛は水素結合という

水素同士のつながりがあるので、それが水にぬれると切れるので

綺麗にした髪がくせ毛に戻ったり

逆にくせ毛をきれいにアイロンなどできれいに伸ばすことが可能なのです。

その水素結結合ですが、髪が乾いて、さらに言えば

その乾かすドライヤーの熱が冷える瞬間に形が決まります。

 

よくアイロンを使っていて言われる、

熱を冷ます時間が大切ですよ

というのはこれが理由なのです。

 

なのでただドライヤーを使うだけではなく、きちんと上記までの意識すべき

ポイントを抑えて乾かして髪の毛から熱が引くタイミングで髪の毛を

軽く引っ張りながら乾かしてあげれば

そのまっすぐな仕上がりをしっかりと記憶してくれるので

コチラもぜひ試してみてください!

  • きちんと乾かし残しの無いように乾かしきる

乾かし残しは皆さんありませんか?

 

髪の毛の乾かし残しは何気なく日常の忙しさを言い訳に

行ってしまいがちですが、実は余計なヘアダメージや乾燥の大きな原因となっています。

 

髪の毛の中には乾いても髪の中に潤いとして残る水分が存在します。

 

その水分は髪の中にとどまり、髪の毛の正常な水分バランス

形状を維持してくれるのに必須の存在で

 

きれいな髪の毛を目指されるのであれば必要不可欠な存在なのですが、

そんな毛髪内部に必要な水分を、乾かし残した水分は自然乾燥で蒸発しながら

乾燥していきます。自然乾燥の際の蒸発は髪の毛に必要な

水分を一緒に蒸発させていってしまうのです

 

なので濡れてるときはなるべく時間をおかず

なるべく早めに乾かしてあげることも非常に有効な方法となります。

それと水分を含んだ髪の毛でお休みになられると布団との摩擦で

コチラも思いもしていない、ダメージに見舞われることでしょう。

 

 

まとめ

上記のポイントをきちんと守って乾かしてあげることで

案外と綺麗に乾いてくるので

是非1つずつでもいいので試していきながら

習慣化していけるように頑張ってみてくださいね!

 

髪質改善専門サロンDRAN LINE 友だち追加

髪質改善専門サロンDRAN LINE

気になることや、ご質問などございましたらLINEにてドシドシご連絡ください!

あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。

またLINEでのご予約も承っています。

氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。

髪質改善専門サロンDRAN LINEをお友達追加|質問や予約も簡単!

 

ネット予約もお待ちしております!

髪質改善専門サロンDRAN をホットペッパービューティで予約

 


tel 06-6809-3783
【定休】毎週月曜日,第2・3火曜日