PAGE TOP

2019.04.09

スタイリングについて

くせ毛を抑えるのに一番有効なメニューとは何なのか?!徹底紹介!

くせ毛を抑えるのに皆さんはどのような方法をしているでしょうか?

くせ毛用シャンプーを使う?縮毛矯正やストレートパーマをかける?

などなどくせ毛を抑えるために、あらゆる方法を試してこられているかと思います。

そんなくせ毛に一番効くおすすめのメニューを紹介していきますのでぜひ参考にされてみてくださいね!!

⇓⇓コチラもオススメ⇓⇓

くせ毛を抑えるヘアケアは本当なのか?!その真相に迫る!!

縮毛矯正とストレートの違いとは?それぞれの違いを解説

クセやうねりを直す髪質改善トリートメントとは?従来の縮毛矯正との違いとは?施術内容を公開!

くせ毛を抑えるのに有効なメニューって?

くせ毛を抑える方法として、様々な方法があることだと思います。

くせ毛   抑える

とウェブで調べていけば、出てくるのは

  • くせ毛用シャンプーを使う
  • ストレートパーマをあてる
  • 縮毛矯正をあてる
  • サロントリートメントをしていく
  • 髪質改善をしていく

このような方法が出てくることだと思います。

皆さんはこれらについてのイメージをどのようにお持ちでしょうか?

本記事ではくせ毛を抑える有効な方法をお伝えしていきますので、

くせ毛を抑えて毎朝のスタイリングを楽にしたい方は是非最後まで読んでくださいね!

 

くせ毛を抑える方法・くせ毛用シャンプーを使う

さて、ネットにも出てくるこのくせ毛用シャンプーというもの。

シャンプーを変えるだけでくせ毛が治れば、どんなに楽チンだろう!と

くせ毛でお悩みの皆さんは試さずにはいられない事だと思うのですが、

くせが強い方には正直あまり大きな効果は期待できない。

 

というところが、くせ毛用シャンプーの限界ではないでしょうか?

シャンプーで世の中のくせ毛が治っていれば今頃くせ毛に悩まされている方も

随分減っているでしょうし、こちらにはあまり過度な期待をされない事をおすすめします。

 

こちらにホームケアでできるくせ毛対策についての記事がありますので

合わせえお読みください⇓⇓⇓⇓

くせ毛を抑えるヘアケアは本当なのか?!その真相に迫る!!

 

くせ毛を抑える方法・ストレートパーマをあてる

くせ毛を抑える方法として、ずっと縮毛矯正と対をなして

美容室のメニューにあるストレートパーマですが、よく縮毛矯正との違いが分かりづらかったり

実際にストレートパーマで出来ることというのはわかりにくかったと思います。

そこではっきりとストレートパーマの現在で考えられているポジショニングとしては

くせ毛を抑えるには薬剤のパワーがあまり足らないのと、

髪を矯正する工程が入らないため、くせ毛の改善などには正直不向きです。

なのでお薬を使い今までのパーマなどを落とすパーマ落とし

という位置付けが現在の美容室でのメニューとしては真っ当な位置かな?と思います。

 

くせ毛を抑える方法・縮毛矯正をあてる

ストレートパーマに続いて縮毛矯正をあてる方法について紹介しますが

ストレートパーマと縮毛矯正の違いを詳しく知りたい方

こちらのブログも合わせてお読みください⇩⇩⇩⇩⇩

縮毛矯正とストレートの違いとは?それぞれの違いを解説

ストレートパーマとの違いを簡単に説明していくのですが、

ストレートパーマと縮毛矯正とは使っている薬剤などはほとんど同じです。

 

そして毛髪を矯正する工程があるかないかが1番大きな違いであり、

仕上がりのくせ毛の伸び具合も大きく違うと言えるでしょう。

 

なので純粋にくせ毛を伸ばすという事だけにフューチャーをすれば

縮毛矯正でも十分にくせ毛を抑えるのには有効なのですが、

縮毛矯正には同時にデメリットとなる部分もあります。

それは薬剤による負担がでかい事と、

矯正工程で使用するアイロンによる高熱の負担

髪の毛を固くし、毛髪内部に必要な潤いをなくしてしまうので、

綺麗なぷるぷるの髪の毛にはなかなかならない事でしょう。

 

そして繰り返しの縮毛矯正はなかなかのリスクを伴います。

 

薬剤を使わないとくせ毛を綺麗にできないメニューなので、もちろん毎回薬剤を使いますが、

今まで縮毛矯正で真っ直ぐにした部分には薬剤は過剰に反応をしてしまうので

絶対につけたくないのですが、新しく伸びたくせ毛のところにつけた薬剤を流す時に少なからず

薬剤が毛先について、その反応が重なれば重なるほど髪の毛はいらない負担を追い続けてしまうので、

ボロボロになっていくリスクも同時にあったりします。

それほどに毛髪内部の潤いとは大事な役割を果たしており

毛髪内部の結合をつなぎ合わせる接着剤のような役割も担っているので

綺麗で美しい髪の毛を維持するには同時にこの

潤いをきちんと保ってあげる事が必須になるのです!

 

くせ毛を抑える方法・サロントリートメントをしていく

先ほどの項目で何度か出てきた毛髪内部の潤いを補充していくもの

代表例としてはやはりサロンでのトリートメントがあげられると思います。

なんだったら最近の髪質改善ブームで増えてきたお店の中には

高濃度トリートメントを続ける事で潤いを重ねて入れ続けてあげる事で、

しなやかな髪の毛にしていきましょう!

という考え方のお店もあるぐらい、

トリートメントのあり方というものも変わってきました!

 

ですが、どこまでいってもトリートメントはトリートメントであり

モチが悪く、重ねて入れ続けてあげる事が大事で2〜3週間に一度ぐらいの

ペースで重ねていってあげる事が肝心になってきます。

なのでくせ毛を抑えるうえで髪の毛への負担はないかもしれませんが、

コスト面的にはなかなかかかってしまう方法だと言えるでしょう。

 

くせ毛を抑える方法・髪質改善をしていく

ここまでで

  • シャンプー
  • ストレートパーマ
  • 縮毛矯正
  • トリートメント

と紹介をしてきましたが、

くせ毛を抑えるのに1番有効なメニューはやはり

髪質改善でしょう!

DRANで使用していく髪の毛への栄養分は

自然由来の毛髪を再生していくミネラル水を用いたり

その栄養分を毛髪の隅々まで行き渡らせて、潤いで満たすために使用する

DRANの薬剤にもこだわりがいっぱい詰まっている自社生産品なので

 

従来のトリートメントよりもモチが断然よく

くせ毛の悩みそれぞれに必要な潤いを補充させてあげて

綺麗な髪の毛の状態に導いていく事が可能なのです。

髪質改善でももちろん通って頂く事で、

潤いを保持しつづけてあげる事が肝心にはなってくるのですが、

トリートメントよりもモチはいいので

来店頻度はトリートメントにくらべれば圧倒的に抑えれるでしょう!

 

そしてトリートメントでは毛髪の状態は良くはなりますが、

くせ毛は治せません。

 

髪質改善では繰り返し施術をしていく上で、

くせ毛さえもなくして、綺麗な髪の状態に導いていけるので

例えて言うなればCMで見かけるような美髪への再現が可能なのです。

あなたも誰もが羨む美髪を手に入れてくせ毛を抑えてみませんか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

多くの方法と選択肢を紹介しましたが、

コスト面や美容室に通っていける周期でメニューは相談して決められてはいかがでしょうか?

DRANは髪質改善の専門店なので髪質改善でしか

ご予約をお受けできませんが、

 

興味がおありの方は是非LINE@からでもお電話でもご質問ご相談くださいね!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

髪質改善専門サロンDRAN LINE 友だち追加

髪質改善専門サロンDRAN LINE

気になることや、ご質問などございましたらLINEにてドシドシご連絡ください!

あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。

またLINEでのご予約も承っています。

氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。

髪質改善専門サロンDRAN LINEをお友達追加|質問や予約も簡単!

 

ネット予約もお待ちしております!

髪質改善専門サロンDRAN をホットペッパービューティで予約

 


tel 06-6809-3783
【定休】毎週月曜日,第2・3火曜日